直立歯科医学研究会で発表

9月28日、29日を休業し、日本直立歯科医学研究会東京大会で発表してきました。

71140916_2556756714401348_2652177197594312704_n.jpg

71871636_2556756807734672_5297982106830372864_n.jpg


大会テーマは
「バランスよくまっすぐ立つための 歯牙・咬合形態」
で、サブタイトルは
「バランスよくまっすぐ立つために
下顎平衡機能の理解を深めていくこと
それが未来の歯科医療への扉」
となっております。

IMG_20191002_151836.jpg

立って歩行する際に
一番上にある約5㎏のユラユラ揺れる頭
そこからぶら下がる約1㎏の下顎が制振装置となり
頭の揺れを小さくする。
その下顎の揺れにともなって上下の歯がぶつかることで
傾いた頭をさらに真っすぐに起こしていく。

ただし、歯がぶつかりすぎたり
ぶつかり方が足りないと
頭を真っすぐにする事は出来ず傾きます。

傾いたままの頭ではバランスが悪く危なっかしいので
カラダを自動的にひねることでバランスをとります。

カラダがひねり続けられると
中の筋膜が引っ張られ
無理を掛け続けられた筋膜が機能異常を起こし
痛みやシビレ、冷え、歪み、むくみ、高血圧、などなど
さまざまな症状を表します。

そのような症状の方たちに
歯科でひねりの根本を治療し
整体で筋膜をリリースする。
そのようなお話をさせて頂きました。

71120131_2558424664234553_4021246092468289536_n.jpg

IMG_20191004_165553.jpg
大会終了後、感謝状までいただきました。


噛み合わせ 顎関節症 筋膜リリース 整体

コメント

非公開コメント

プロフィール

Refre

毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

月別アーカイブ

ユーザータグ

新体操