不確か

「股関節が痛い」

割と多く聞かれる言葉だと思います。


以前、理学療法士の方々のセミナーにお邪魔したとき
講師の方から
「左の股関節が詰まるでしょ?」
と聞かれたことがあったんですが、
言いたいことはわかるのですが、
不確かな言葉使うなーと思い
しばし考えこんじゃいました(笑)


一般的に「股関節」と呼ばれるのはどこでしょうか?
kotuban.jpg
骨(関節)の構造で見ると赤い丸で囲んだところになります。

その周りに肉が付くと
股関節後方1
後ろはこのあたり(本当はもう少し内で下側^^;)

女性股前方1
前側のこの辺

女性股前方2
この辺を言う方も結構いますよね。

女性股前方3
これは流石に範囲が広いかもしれません。
でも、これが一番多いでしょうか。

来院された方から聞き取るときには
手や指で示してもらい、
関節自体に問題があって
関節自体に痛みがあるのか、
または、周辺の筋肉や筋膜など
柔らかい構造に問題が起きているのか、
それによって考え方やアプローチが全然違ってきます。

先の「股関節が詰まる」も
関節自体を包んでいる膜構造が挟み込まられ
いわゆるインピンジメントなのか、
筋肉筋膜に問題があって突っかかる感覚
挟み込まれるような感覚があることなのか、
全然違いますよね。

一般の方にとっては
痛みが無くなればいいのだから
結局のところどっちでも良いのかもしれませんが、
少なからず代替療法や
スポーツなどの現場、
医療にかかわる仕事をされている方は
勘違いの起こりそうな言葉は気をつけましょうね、
ってことですね。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Refre

毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

月別アーカイブ

ユーザータグ

新体操