MFAケアプラス講習会



以前受講したのが2012年1月で
チャイルドケアプラスというコースでした。
再受講のタイミングを計っているうちに7年が過ぎてしまったんですね^^;

ということで、3名の受講者で訓練開始です。

これらのプログラムの特徴は、DVDの映像を見てからその内容を実習するというものです。
映像の後に、田中住幸インストラクター(NPO法人あそベンチャースクール代表)の分かりやすい説明と実技に基づいて実習していきます。

IMG_20190224_121338.jpg
まずは、CPR(心肺蘇生法)を学びます。

要救助者を発見したら、周囲の安全と自分の安全を確認し、手当てすることを決意し、周囲に協力を要請し、胸骨圧迫を行います。
ここで大事なのは、「自分は安全か?」ということと、「決意したら投げ出さないこと」、「できる範囲内で高い質で実践すること」です。

CPRに続いて、相手との間にバリアを設けながら息を吹き込むことを学びます。

次に、最近は設置しているところも増えたAEDの使用方法です。
電源を投入するとAEDから音声指示があるので、それに従って操作します。
IMG_20190224_123346.jpg

もし、要救助者が心肺停止ではなく、呼吸があって意識がない場合には、横向きの回復体位をとって救急隊の到着を待つことになります。
(目は離せませんので要注意です)
IMG_20190224_121208.jpg

最後にチョーキング(ノド詰まり)の説明とオプションのプログラムを紹介してもらい修了です。
以前受講したチャイルドケアプラスでは、止血法なども入ってましたが、今回のケアプラスコースでは、オプションになります。

すべて修了すると2年間有効の修了証がインストラクターから手渡されます。

訓練プログラムの問い合わせなどは、田中インストラクターまでどうぞ。

Eメール:info-asove@kfz.biglobe.ne.jp

コメント

非公開コメント

プロフィール

Refre

毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

月別アーカイブ

ユーザータグ

新体操