フツーの時はフツーにする

バレエを習ってる方の抱えている悩みの一つに
ターンアウトアンデオール
があると思います。

balet_20180624110303161.gif


レッスン中に
骨盤の位置などとともに
「アンデオール出来ていない」
ことを指摘されたりするようです。

ターンアウトを作る殿筋や
深部の外旋筋(ターンアウト筋)が弱いために
ターンアウトを保てなくて出来ない場合や、
使い過ぎてそれらの筋肉が硬くなってしまい
結果として働かない場合があるようです。

柔軟さがあって弱ければトレーニングが必要です。
筋力を上げてターンアウトを保てるようにすれば
解決へとつながるでしょう。

一方、殿筋や外旋筋が硬くなっている時、
トレーニングで鍛えようとしてさらに固めてしまったら
なおさら動けなくなってしまいます。

また、とくにジュニア世代でみられる硬くなる原因として
いつもターンアウトしている
ことがあります。

フツーの生活ではターンアウトは必要ありません。
フツーの足の向き、つま先の向きは
正面を向いています。

普段からターンアウトを心掛けるためなのか
一日イッパイ殿筋や外旋筋を締めていれば
筋肉はガチガチに固まってしまいます。

フツーの時はフツーにしてください。

さらに殿筋や外旋筋をレッスンで使った後は
ストレッチでリセットして下さい。
筋肉の柔軟さが増せば働ける量(ターンアウト)も増えますよ。

殿筋のストレッチ≫≫
外旋筋のストレッチ≫≫


バレエ ターンアウト アンデオール 整体 

コメント

非公開コメント

プロフィール

Refre

毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

月別アーカイブ