オシリ(殿筋)のストレッチ

オシリの筋肉は殿筋(でんきん)といって、
大きさ別に3種類
大殿筋(だいでんきん)
中殿筋(ちゅうでんきん)
小殿筋(しょうでんきん)
があります。

ここでは、大殿筋と中殿筋を紹介します。

大殿筋は、
階段や坂道を登るときのように曲げてる股関節を伸ばすとき、
あるいは、まっすぐに立ってモモを後ろに上げるときに働きます。
中殿筋は、
片足立ちで上げた足の方の骨盤が下がらないように
ぐらつかないように水平に支える働きをします。


大殿筋のストレッチは
あお向けか床に座った状態で行います。

gm_st_spine.png
床に背中と骨盤をしっかりつけて
膝を持って胸の方にしっかり引き付けます。
この形は大殿筋の上の方がストレッチされます。

gm_st_spine_wrong.png
このように骨盤が回ってしまうと
膝は胸に寄りますがストレッチされませんよ。

座って行う場合は、
同じく膝を抱えてまっすぐ引き寄せる方法と
gm_st_sit_side.png
反対の脚を乗り越えて行う方法があり、
この方法は、大殿筋の下の方のストレッチになります。

gm_st_sit_front.png
前から見ると脚を乗り越えているのが分かりますか?


中殿筋は、あお向けで行います。

gm_left.png
両方の膝を立てて
ストレッチする側の膝に反対の足を乗せ
その重みで立ててる膝を内側に倒します。
股関節の上の方(頭の方)で骨盤の外側が
ストレッチされてるでしょうか?

pir_left.png
足が外に出てしまうと
股関節の外旋筋のストレッチになります。
筋肉のつっかえ棒≫≫
股関節のストレッチ~ターンアウト≫≫
これはこれで大事ですが、
今は中殿筋です(笑)

固いオシリは股関節の動きを邪魔します。
柔らかくしておきましょう^^



ストレッチ方法インデックスへ≫≫


ターンアウト ストレッチ 整体小さい文字

コメント

非公開コメント

プロフィール

Refre

毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

月別アーカイブ

ユーザータグ

新体操