足首が曲がらない!?

足首のフレックスというヤツ。
つま先が頭の方に来る動き。
これが十分に出来ない方。

カカトを床につけてしゃがみこむと
どうしてもカカトが浮いてしまう。
もしくは、
つま先を外に逃がさないと
しゃがめない。

一般の方では、
同じようにカカトを床につけたまましゃがめないとか
ヒールが少しでもある靴は楽だけど
ペッタンコの靴だと疲れる。
なんて方です。

重心が後ろにあって
スポーツやダンスに差し障りがあるかもしれません。

解剖学的(機能的)には
足首の関節(距腿関節)を構成する
足の骨とスネの骨に、位置関係のズレが生じていると
十分に足首を曲げ伸ばしすること(関節運動)が困難になります。

多く見られるのは
足の骨の距骨(きょこつ)が前方にズレる状態(前方距骨)で
つま先を伸ばすのは楽だけど
曲げる(つま先を持ち上げる)のに制限がある状態。

この状態では、
クルブシからカカトまでの長さが
他の人より短く見えるかもしれません。


zenpoukyokotu_nutral.png
あお向けでリラックスした状態で
この画像よりも、つま先が伸びてる状態になる方や、
しゃがむとカカトが浮く方が対象になります。

特に問題を感じない方は、実施しないこと!!
で、お願いします!

【前方距骨のセルフメンテナンス】
zenpoukyokotu_strech_1.png
1.動きの悪い側のアキレス腱に
タオルを回して両手でしっかりと持つ。

zenpoukyokotu_strech_2.png
2.タオルを前方に向けて押し出しながら
胸で膝を押すようにして足首を曲げていく。

zenpoukyokotu_strech_3.png
3.しっかりとタオルを前方に押しながら
さらに曲げ込んでいき、数秒キープする。

1から3を数回繰り返す。

zenpoukyokotu_befor.png
ビフォー

zenpoukyokotu_after.png
アフター

つま先の上がり方が変わったのが分かりますか?


前方距骨(ぜんぽうきょこつ)の方は
重心位置が後ろになって
その代償(かばう動き)として
反張膝(膝が伸びすぎる)になっているかもしれませんし、
膝に痛みが出ていたり、出やすかったり、かもしれません。

気になる方は来院されてチェックされると良いかもしれませんね。

ストレッチ方法インデックスへ≫≫

バレエ ストレッチ 整体

コメント

非公開コメント

プロフィール

Refre

毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

月別アーカイブ

ユーザータグ

新体操