変形性関節症

昨晩テレビでやってた、たけしの家庭の医学。。。でしたっけ?


このなかで「ひざ痛」をやってましたね。

膝が痛くて歩くのもままならなかった方が「変形性膝関節症」と診断され、
(ここまではよく聞く話ですね)

その後に、ある体操を始めたら痛みが出なくなっただけじゃなく
サッカーボールを力一杯蹴られるようになった。

なんて紹介されてましたね。


番組内では、ももの筋肉が鍛えられたので
変形した膝の関節支えられて痛みが出なくなった。

なんて言い方してましたね。


でも、冷静に考えると変ですよね。


関節が変形し、骨同士がぶつかったり、炎症を起こしたりして痛みが出る。
(番組内や一般的な説明では、ですが…)

とされていますので、
筋肉を鍛えようがどうしようが、
骨はぶつかるだろうし、炎症は続くはずですよね。

筋肉を鍛えることで、ぶつかってた骨がぶつからず、
しかも炎症まで止まる。

なぁんてことが起こるわけないと思いませんか?

きっと、そもそもの前提が違うんじゃないでしょうかね?

つまり、「ひざ痛=変形した関節」ではなく
「ひざ痛≠変形した関節」じゃないでしょうか。

(これは、膝ばかりじゃなく他の関節にも当然当てはまるでしょうね。もちろん本当の関節の病気の場合もあるでしょうけどね)


番組中で紹介された関節の痛みは、
ももの筋肉を原因とする痛みだったので、
筋力アップ(筋肉の正常化)で解決した。

関節の変形と、関節の痛みはイコールではなかった。

となるのではないでしょうか。


まあ、特別なことではなく日々出会う症状、症例ですけどね。

プロフィール

Refre

毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

月別アーカイブ

ユーザータグ

新体操