• ポワントで立つために必要なこと
    スムーズに足首が伸びない。(甲が出ない)すぐ疲れてポワントで立てない。どうしても膝が伸びきらない。などなど。ポワントを履き始めたお子さんたちが最初に出会う壁でしょうか。悩まれるお子さんとお母さんがいらしたりします。「ところで、ポワントで踊ることって何を表現しているか知ってる?」お子さんとお母さんが顔を見合わせて「?」「ポワントで立つって、200年くらい前に編み出されたらしいんだけど、『妖精』を表して...
  • エグレたオシリ
    大腿骨の一番上方に(頭寄り)に大転子という骨の出っ張りがあります。骨盤の外側で、ちょっぴり足の方にある骨の固まりです。人によっては、少し凹んでいるかもしれません。その骨のてっぺん(当た寄りの方)から骨盤の上のヘリまでに中殿筋という筋肉があります。働きは股関節の外転(=脚を外に開く動作)です。片脚を持ち上げるときに、上げてる脚の側に骨盤が落ちないように骨盤を支える働きもあります。(股関節が動くか動か...
  • 歯と顎と姿勢
    先日の直立歯科医学研究会札幌大会に参加してから姿勢や歪みに関して自分自身で実験してみました。10月1日鏡に向かって立ち撮影腰から上が右に傾いて、さらに頭部が右に傾いています。口を開けてゆっくり閉じると左側の奥歯が先に接触し続いて右奥歯が接触しています。ガムをすいている右奥歯で噛むと歯の当たり具合が心地よく感じます。そこで、これは頭部(頭蓋骨全体として)の歪みだろうと仮定します。下顎は床に向かって真っ...
  • 直立歯科医学研究会 2018@札幌
    9月22日の午後から23日夕方まで休業にし、直立歯科医学研究会の札幌大会を聴講してきました。以前読んだ「下顎平衡機能から考える直立二足歩行と歯科医療」を大変興味深く思っていたところに産学社 エンタープライズからのメルマガで今大会を知り、即応募しました。今大会のキーワードは「バランスよくまっすぐに立つ」です。著者で主宰の臼井五郎先生が発見した、下顎のスイング現象と歯(咬合)の関係が良好ならば身体に現れる...

プロフィール

Refre

毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

月別アーカイブ