• コリと歯痛とスウィング干渉
    12月半ばにいらした歯痛の方。「腕の疲労が元ですね。」なんて話をしながら、腕から肩、咀嚼筋などを施術しました。その後しばらく調子が良かったけど、また左の上の歯が痛くなり、その時によって右になったり、下の歯が痛くなったりするとの事で再来院。また手から腕へ、さらに咀嚼筋、頸椎1番2番3番をリリース。どこにも痛みが無くなり終了となりました。起きている状態では頭は常に揺れていて、その揺れを下顎が制振装置のよう...
  • 足首の痛み
    「歩くときに足をつくと内クルブシのあたりが痛むんですよ。」との訴え。触ってみると足首の関節周囲には特に異常を感じません。勤務中に頻繁に立ち座りがあるようで、モモの内側にある内転筋が過緊張を起こしてします。右下肢は後ろ寄りにある大内転筋が、左下肢は前寄りにある長内転筋が短縮していますね。その影響で骨盤も右側が外に、左側が内に引っ張れて歪んでいます。当然、骨盤の動きも悪くなっています。両下肢の内転筋の...
  • ヘルニアの診断
    殿部から下肢へのシビレまたは上肢の痛みやシビレ場合によっては腰の痛みや首の痛みそのような症状で整形外科を受診してレントゲンやMRIを撮るとヘルニアと診断されることが多々あるようです。大きなでっぱりからほんの小さなでっぱりの時もあるようです。場合によっては症状と反対側のヘルニアと言われることも...そのような診断を受けてから来院されて問診から触診へと進んでいくと筋膜や筋肉に症状を再現できる異常な部分が見つ...
  • 歯と顎と姿勢 その2
    度々の掲載でゴメンナサイ。でも、勝手に面白いと思ってますので^^;自分の顎の骨を矯正したりマウスピースを入れたりしながら自分自身の姿勢変化を見てましたが、歯と姿勢などの関係を専門に扱っている直立歯科医学研究会の歯科医師に治療してもらうことにしました。まず、自分の問題は左上2番(中央の前歯から2番目)が内側に入っていること。そのために、動作に伴う頭の揺れをコントロールする下顎の動きが干渉されていること。=...
  • 筋膜への施術
    ここ数年で筋膜リリースという言葉を目にする機会も増えたように思います。が、結局は何?っという方の方が多いとも思います。施術を受ける側はもちろん施術者側でもよく分からないでいるかもしれませんからね。筋膜は皮膚の下にあって全てを区切り、なおかつ結び付けている主にコラーゲンで出来ている半透明な薄い膜構造です。その膜と膜の間は「基質の水」によって潤されていてとても滑らかに滑りあいます。運動による熱や炎症に...

プロフィール

Refre

毎日頑張るアナタのために
リフレ宮の森

機能異常を起こした筋肉を蘇えらせ
ツライ症状を改善する!


FaceBookに「白幡克治」と「リフレ宮の森」のページがあります。気軽にご訪問下さいませ^^

月別アーカイブ